脱毛の豆知識

【脱毛機の違い】レーザー脱毛や光脱毛ってなにが違うのか?

レーザー脱毛機

メンズ脱毛を始めたいけど、どの脱毛店を選んだらいいのか全然わからないし、そもそも医療脱毛ならなんでもいいのか、違いもよくわからない、という感じになっていませんか?

そこで、クリニックで使うレーザー脱毛機の違いやサロンの脱毛の違いをなるべくわかりやすく説明したいと思います!参考にしてください。

サロンと医療クリニックの脱毛機の違い

サロンと医療クリニックの脱毛の違いから理解していきましょう。

サロンの光脱毛機

サロンの光脱毛機

メンズサロンのほとんどでは光フラッシュ脱毛機を使用しています。

ほかにも蓄熱式の光脱毛機を使っているサロンも一部あります(例:ローランドビューティラウンジ)が、日本人の毛は黒色なので、わざわざ蓄熱式の脱毛機を使うよりもフラッシュ脱毛機のほうがパワーがあるので、フラッシュ脱毛機を選ぶほうが無難です。

フラッシュ脱毛機でもメーカーによって若干パワーや冷却措置などが違いますが、大きな変化はありません。ただ、照射面積が違ったり冷却機能が違うので、最新の脱毛機でメンテナンスを定期的に行っているサロンを選ぶようにしましょう。

医療クリニックのレーザー脱毛機

レーザー脱毛機

メンズ専用の医療クリニックというとゴリラクリニックやメンズリゼクリニックが有名ですね。湘南美容クリニックは男性専門院はかなり少ないので、女性と一緒になることが多いです。

医療クリニックにはレーザー脱毛でも大概複数機種の脱毛機を置いていることが多く、同じレーザー脱毛でも効果や痛みなども変わりますが、大きくは次の2種類にわかれます。

  • メディオスター(蓄熱式)
  • ダイオードレーザーやYAGレーザー

メンズ脱毛でレーザー脱毛する場合は、二つの脱毛方法があり、どちらかの脱毛機を選んで施術するスタイルが多いです。

メディオスター(蓄熱式)

メディオスター(蓄熱式)

メディオスターの脱毛機の特徴は同じ髭脱毛でも痛みが少ないというところです。通常のレーザー脱毛は毛根を狙って照射するのですが、もう少し手前の部分のところを狙います。

バルジという領域で、毛根ではなく毛がはえる組織を死滅させる施術なので、脱毛した後は通常毛が抜けるわけでなく、毛がはえなくなっていくようになります。しかし、痛みがまったくなくなるわけでもなく、メディオスターのほうのが痛いという人もなかにはいます。

ダイオードレーザーやYAGレーザー

肌の上から照射して、毛根を死滅させるほどのパワーのあるのがレーザー脱毛です。特にYAGレーザーは強く、そのレベルも何段階かにあり、はじめは1-2のレベルで施術しても痛みは強く感じます。

慣れてきて毛も細くなると痛みに耐えられるようになるので、3-5くらいのレベルにあげ、脱毛効果もこのころからぐっと実感できるようになります。

脱毛機を使い分ける効果

ゴリラクリニックのレーザー脱毛機

ヒゲ脱毛など特に痛みが強く感じやすい部分ははじめの数回はメディオスターで施術をし、慣れてきたタイミングでYAGレーザーなど通常のレーザー脱毛に変えて一気に脱毛効果をあげるというやり方が理想です。

ゴリラクリニックでは、この方法が基本とられていて、いつでも自由にどちらの脱毛機も利用できるというスタイルをとっています。